Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs233674/francescaoggiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

割られた窓ガラスの修理時間について

何らかの原因により、自宅や会社など窓ガラスが割られてしまった場合において修理に必要な期間及び、修理時間と言う物を知りたいと願う方は多いかと思われます。ここでは、そうした窓ガラスに関わる修理期間及び修理に関する時間がいくら位必要となるかについて解説をしていきますのでご覧頂ければ幸いです。

プロのガラス修理業者であれば修理現場到達まで約10分交換や修理は30分の時間で修理を行う

プロのガラス修理専門の業者であれば、窓ガラスの修理依頼が来てから10分で修理を望む現場まで急行し、交換または修理を行います。この時、修理依頼を望んだ現場がマンションなどであった場合、特殊な窓であることもありますが、特殊な窓であってもおおよそ1時間で対応することが出来ます。ただし、これらは在庫があった場合においての対応で、交換すべく窓ガラスが無い場合、納期まで1週間以上の時間を必要とするため、特殊な窓であればあるほど納期に時間が掛かり最低でも修理可能期間に至るまで1週間を有する可能性もあるのです。

窓ガラスの修理時間の短縮は窓ガラスが揃っている場合即座に対応できる

窓ガラスの修理時間を短縮するには、業者に修理依頼を申し出た場合においては、窓ガラスの在庫が揃っている場合においてのみ修理期間を短縮することが出来ます。その為、特殊なガラス、防弾ガラスやガラス内に網が入っている強化ガラスなど特殊なガラスについては、窓ガラスの修理及び交換を事業として行っている事業者が在庫を持っていなければ、修理を行うまで最低でも1週間の時間を有します。この1週間と言う期間は窓ガラスが揃う期間で交換と言う手法のみ、在庫が無い場合最低でも1週間は待つという意味です。交換ではなく簡単な修理ですむ場合は、現場到着後30分程度の作業で修理をすることが可能ですので、窓ガラスを完全に交換するという場合以外はそれほど修理には時間を有さないです。

窓ガラスの修理と交換は根本的に修理時間が異なる

窓ガラスの修理と交換ですが、修理はその名の通りひび割れた個所を修繕する手法で修理をするため、修理に関しては30分程度で修理を終えます。ただし、修理の場合、完全に割れているものは修理出来ずあくまでひび割れたガラスしか対応できないのです。その為、完全に割れているものは交換と言う扱いで対応するのですが、交換の場合、必要とされる修理完了期間は大きく伸びてしまいます。その理由は、窓ガラスの在庫があるかどうか、その上で交換時間をおおよそ30分から1時間と仮定した場合窓ガラスが現場まで納期される時間を含めるとさらに時間が長くなる為最低でも交換となった場合においては、1時間は交換に時間が掛かると踏んだ方が良いです。と言うのも窓ガラスの納期ですが、ガラス修理業者に納期され、輸送されてくるケースと、ガラス業者がガラス修理業者のいる現場まで届けるケースがあり、いずれもどのくらい時間が掛かるかについては詳細な情報と言う物が無いため、おおよそ最低でも1時間の時間を有するとしか言えないのです。

まとめ

いかがでしょうか。窓ガラスの修理について、おおよそかかるであろう修理期間及び時間について理解して頂けたかと思いますが、つまりは交換になった場合において窓ガラスの在庫があれば即座に交換可能で最低でも1時間までに交換を終えることが出来ます。しかし、在庫が無い場合、残念ですが最低でも窓ガラスの納期に1週間の時間を有したうえで交換となりますので時間を有してしまうのです。もちろん、修理である場合は30分の簡易修理で終えることが出来ますが修理については、ひび割れ程度しか対応できないので完全に割れているものは、交換となります。